ゲスト

0800-100-1365

営業時間 10:30〜13:00 14:00~19:00
(日曜除く)

  • 着物を探す

着用月に合う
着物の柄

着物の魅力の一つは、季節感を表現する美しい柄です。
季節にふさわしい柄を選ぶことで、着物姿がより美しく映え、同時に日本の伝統文化をより感じることができます。
このページでは、着用月に合う着物の柄をご紹介いたします。
ご着用になる月を選択し、ご覧ください。

※掲載されている内容は一例であり、地域によって異なる場合もございます。
お着物選びに迷われた際、ご参考までにご覧ください。

1月

松竹梅・雪輪・椿
鶴亀・宝尽くし
1月は新年らしい縁起の良い柄や冬の景色をモチーフにした柄など、様々な柄の着物が合います。
寒中に咲く花である水仙や南天、冬景色を描いた風景柄なども1月にぴったりです。

着物を選ぶ 

2月

雪輪・雪持・寒椿
梅・牡丹・桜・藤
2月は、冬の寒さが残る一方で、春の訪れを感じる季節です。
着物を選ぶ際には、冬の景色をモチーフにした柄や、春を先取りした柄を選ぶと良いでしょう。

着物を選ぶ 

3月

桜・梅・菜の花・藤
蝶・流水・若草
3月は、春本番を迎え、様々な花が咲き始める季節です。 春の訪れを感じさせる柄を選ぶと良いでしょう。
ピンク、黄色、白、紫など、春らしい明るい色がおすすめです。

着物を選ぶ 

4月

桜・牡丹・藤・芍薬
菖蒲・蝶・流水・若草
4月は、春爛漫の季節です。様々な花が咲き誇り、美しい景色を楽しむことができます。
着物を選ぶ際には、春の訪れを満喫できるような柄を選ぶと良いでしょう。

着物を選ぶ 

5月

藤・菖蒲・桐・朝顔
鯉・牡丹・芍薬
5月は、季節の移ろいを柄で表現するのもおすすめです。
例えば、5月上旬には藤と菖蒲の柄、5月下旬には牡丹と芍薬の柄など、組み合わせることで奥深い着こなしを楽しめます。

着物を選ぶ 

6月

紫陽花・杜若・蛍
青海波・流水
梅雨の時期で、雨が多い季節です。しかし、紫陽花や杜若など、雨に映える美しい花もたくさんあります。
着物を選ぶ際には、梅雨の風情を感じさせるような柄を選ぶと良いでしょう。

着物を選ぶ 

7月

朝顔・竹・波
流水・麻の葉・青海波
夏の盛りの季節です。暑い時期なので、白、青、緑など、涼しげな色がおすすめです。
7月・8月は、絽や紗などの薄物素材の着物を選ぶと良いでしょう。

着物を選ぶ 

8月

朝顔・波・流水・麻の葉
萩・桔梗・青海波
暑さを和らげる涼しげな柄や、夏の風物詩をモチーフにした柄がおすすめです。
7月・8月は、絽や紗などの薄物素材の着物を選ぶと良いでしょう。

着物を選ぶ 

9月

萩・桔梗・紅葉・彼岸花
秋草・稲穂・月
秋の気配を感じ始める季節です。赤、黄色、オレンジなど、秋の色彩を取り入れると良いでしょう。
中秋の名月にちなんで、月をモチーフにした柄を選ぶのもおすすめです。

着物を選ぶ 

10月

紅葉・菊・彼岸花
秋草・稲穂・月
紅葉、秋色、秋の花や実り、和風動物柄など、季節感を感じさせる温かい色合いや自然の要素が、着物に華やかさを添えます。
日本の秋の美しさを感じさせる柄がおすすめです。

着物を選ぶ 

11月

紅葉・松竹梅・銀杏
鶴亀文様・雪
11月は紅葉が深まり、冬の訪れを感じる季節です。紅葉や銀杏が美しく映えます。
深みのある赤や黄色、茶色など、秋から冬への移ろいを感じさせる色を選ぶと良いでしょう。

着物を選ぶ 

12月

雪・松竹梅・椿・南天
鶴・亀・宝尽し
12月は冬本番を迎え、雪景色や年末年始をイメージさせる柄がおすすめ。
クリスマスやお正月など、イベントが多い月です。イベントにちなんだ柄を選ぶのも良いでしょう。

着物を選ぶ 

種類から探すレンタル着物