ゲスト

  • ただいま受付時間外につきお電話が繋がりません。お問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。

  • 着物を探す

成人式振袖レンタル相場完全ガイド|予算別おすすめプランを徹底比較

成人式での振袖選びに迷っていませんか?購入とレンタルのメリット・デメリット、実際の相場や前撮りのコストなど、後悔しないための全てがこのガイドに。
適切な選択で、大切な一日を完璧にしましょう。

 
 

 目次 

  • 1.成人式とは?
  • 2.成人式振袖レンタルのリアルな相場
  • 3.レンタルと購入のコスト比較
  • 4.レンタルと購入の注意点
  • 5.レンタルで後悔しない!振袖選びの知識と解決策
  • 6.前撮りの相場と平均価格
  • 7.着物初心者のための3ポイント
  • 8.まとめ
 
 

1. 成人式とは?

日本の伝統文化の中で、成人式は若者が大人として社会に一歩を踏み出す重要な儀式です。
この日は、新成人が社会から成人として認められ、自らの未来への希望や決意を新たにする機会を意味します。成人式に振袖を着用することは、長年の伝統に基づき、女性が大人の仲間入りをする際の華やかな象徴となっています。


成人式で着る振袖は、一生に一度の特別な衣装です。そのため、選ぶ際には色や柄、デザインにこだわりたいものです。流行を取り入れつつも、自分の体型や好みに合った振袖を選ぶことが重要です。また、レンタルする場合は、利用するサービスの評判や条件もしっかりと確認する必要があります。予算とのバランスを考えながら、後悔のない振袖選びを心がけましょう。

 
 

2. 成人式振袖レンタルのリアルな相場

成人式の振袖レンタルには、さまざまな価格帯がありますが、最も一般的なレンタルプランの相場は約10万円から30万円程度です。
この価格帯には、振袖本体はもちろんのこと、必要な小物一式(帯、草履、バッグなど)が含まれていることが多く、一式揃えることができます。ここでは、振袖レンタルの相場について、詳しく見ていきましょう。

2.1 レンタルだけの費用?購入との比較も!

成人式の振袖をレンタルする場合と購入する場合、初期費用はレンタルの方が圧倒的に安価です。
その一方で、購入した場合は30万円から100万円の費用が掛かりますが、振袖を後の世代へ受け継ぐことも可能になります。
しかし、そのためには保管方法に気を使う必要があり、保管状態によっては追加の保管費用やメンテナンス費用がかかることも考慮する必要があります。

2.2 ネットレンタルで振袖をレンタルするときのレンタル料金比較

会社名 振袖価格(税込)
きもの365 18,980円~118,980円
夢館 9,720円~358,000円
きものレンタリエ 19,600円~98,000円
わらくあん 13,860円~550,000円
京都かしきもの 17,800円~88,000円
RENCA 9,800円~298,800円

ネット着物レンタル上位6社の振袖価格(2024年3月時点)
各社の上限と下限価格は、プランや時期によって変動します。詳細は各社の公式サイトでご確認ください。

2.3 相場に差があるのはなんで?

正絹とポリエステルでは、正絹の方が高級で高価です。
また、刺繍や絞りなどの加工が施された振袖は、手作業で作られるため高価になります。特に、金箔や金糸を使った加工は、さらに高価になります。有名デザイナーやブランドの振袖は、人気が高く高価になる傾向があります。
また、流行を取り入れたデザインも高価になる傾向があります。振袖レンタルでは様々な種類の振袖があるので、正絹なのか?加工がたくさん施されているか?ブランドか?などにより相場に差が生じます。

 
 

3. レンタルと購入のコスト比較

成人式の振袖を選ぶ際には、レンタルと購入のどちらが自分にとって最適な選択肢かを考えることが重要です。
ここでは、両方のオプションにかかるコストを詳細に比較し、どちらが長期的、短期的にコストパフォーマンスに優れているのかを解説します。

3.1 長期的なコストパフォーマンス

振袖を購入する場合、初期費用は高額になりますが、将来的には他の行事や兄弟姉妹の成人式でも使用できるため、長期的なコストパフォーマンスは高くなります。
購入した振袖は、適切な保管を行えば数十年間保存できるため、家族を通じて受け継がれる価値があります。

3.2 短期的なコストパフォーマンス

振袖をレンタルする場合、短期間の使用であれば費用を大幅に抑えることができます。
また、レンタルならば最新のデザインや流行りのスタイルを選びやすく、特別な一日を最新のファッションで彩ることができます。しかし、レンタルではその都度費用がかかり、同じ振袖を複数回使用する場合にはコストパフォーマンスが下がります。

項目 購入 レンタル
初期費用 高額 低額
長期的な使用 可能 不可能
流行りのスタイル 変更できない 選択肢が豊富

このように、振袖をレンタルするか購入するかは、使用する期間や個々のニーズによって異なります。
より個性的な振袖を長期間楽しみたい方は購入を、流行を追いたい、またはコストを抑えたい方はレンタルを選択すると良いでしょう。

 
 

4. レンタルと購入の注意点

成人式の振袖レンタルを検討する際には、後悔しないための重要なポイントがいくつかあります。
まず、レンタル店選びは丁寧に行いましょう。下調べとして、レンタルショップの評判や実際のレビューを確認することが重要です。
また、振袖のセット内容や追加料金、延長料金、レンタル期間、キャンセルポリシーもあらかじめ確認しておくと安心です。

4.2 購入を検討する際の注意点

一方で、振袖の購入を検討している場合には、その価値と意義を十分理解した上で決断することが大切です。
購入する際の大きなメリットとして、式後も記念として保管したり、後世に受け継がせることが挙げられます。ただし、購入費用はレンタルに比べて高額になるため、家族とよく相談した上で予算内での最良の選択を目指しましょう。
また、オーダーメイドやセミオーダーによる購入も可能ですが、納期には充分気をつけ、早めの行動を心がけましょう。適切なショップ選びも購入時の重要な要素ですので、評判や提供サービスをじっくりと検討することが必要です。

 
 

5. レンタルで後悔しない!振袖選びの知識と解決策

成人式の振袖選びで重要なのは、体型を考慮したデザイン、カラー、柄、そしてレンタルプラン、オプションサービスの理解です。デザイン、カラー、柄などについて詳しく見ていきましょう!

5.1 体型に合わせた振袖の選び方

振袖選びでは、まず体型を考慮することが大切です。
背の高い方は大柄や縦のラインが入ったデザインがスタイル良く見えますし、背の低い方は細かな柄のデザインがバランスよく見える傾向にあります。体型と振袖のデザインを考慮することで、成人式の日により美しく映えることができます。

大きめの柄

細かめの柄

5.2 色やデザインで印象を決める

振袖を選ぶ際には色やデザインが非常に重要です。明るい色は華やかな印象を与え、暗い色は落ち着いた印象を与えます。
また、シンプルなデザインは洗練された印象を、華やかなデザインは華やかさを表現することができます。自分の成人式にどのような印象を持ってもらいたいかを考えながら、色やデザインを選ぶと良いでしょう。

  • 古典

  • モダン

  • かわいい

  • ナチュラル

  • クール

  • 上品

 

5.3 自分に似合う髪飾りを見つけよう!顔タイプ別の選び方

丸顔の方は、顔の幅と長さがほぼ同じで柔らかい印象を持ちます。
そのため、顔の横幅を強調しない縦長の髪飾りや、ボリュームがトップに来るようなアップスタイルに合う髪飾りがおすすめです。

面長顔の方は、横に広がるデザインの髪飾りや、耳周りにアクセントを置くことで顔の長さをカバーできます。
そのため、横に広がるデザインや、耳周りにアクセントのある髪飾りがおすすめです。

5.4 人気の振袖カラー&柄!トレンドもチェック

成人式の振袖で人気のカラーは、定番の赤やピンクだけでなく、近年は淡いパステルカラーや落ち着いたネイビーも人気を集めています。柄では、古典的な花柄や鶴、華やかな金彩加工がされたものなどが選ばれがちですが、最新のトレンドとしてはモダンなデザインや西洋風の柄が注目されています。トレンドを追い求めるのも良いですが、成人式は一生に一度のイベントですので、自分が本当に気に入った振袖を選ぶことが最も重要です。

 
 

6. 前撮りの相場と平均価格

前撮りは、成人式当日の忙しさを避け、じっくりと撮影することができるため、非常に人気があります。
成人式の記念に、美しい振袖姿を写真に残したいですよね!そこで気になるのが、前撮り写真の相場と平均価格。地域やスタジオによって違いはありますが、前撮りの平均的なコストについて解説します。

6.1 一般的なコスト

アイテム 平均的なコスト
振袖レンタル 30,000円〜100,000円
ヘアメイク 10,000円〜20,000円
フォトグラファー 50,000円〜100,000円
スタジオ使用料 20,000円〜50,000円

6.2 コストを抑えるコツ

前撮りのコストを抑えるには、撮影する衣装やプランを事前にしっかり選ぶことが重要です。
また、スタジオが提供するパッケージプランを利用するか、必要なオプションのみ選択することで、無駄な出費を防ぐことができます。

6.3 後悔しない前撮りのための準備

後悔しない前撮りをするためには、事前の準備が大切です。
ヘアメイクのテストや、衣装の試着なども計画に含め、当日スムーズに撮影を進められるようにしましょう。撮影場所も自然光が入る明るい場所を選ぶと、より美しい写真を撮ることができます。
成人式の記念に、美しい振袖姿を残すためにも、前撮り撮影を検討してみてはいかがでしょうか。

 
 

7. 着物初心者のための3ポイント

振袖を初めてレンタルされる方に覚えておいていただきたいポイントを3つにまとめました。

7.1 着物の基本的な知識

初めて着物を着る方にとって、着物の種類や素材感、着るシーンに合わせた選び方が重要です。結婚式や七五三の時などはまた違った決まりがあるので注意が必要ですが、成人式で着る振袖は決まりごとはそう多くありません。
絹でもポリエステルでも素材は問題ないので、お好きなデザインの振袖を選びましょう。それ以外の着物の種類や決まりごとはありませんので安心してくださいね!

正絹

ポリエステル

7.2 着付けの準備

いくつかの着付けに必要な道具がありますが、当日着付けをしてくれる美容室や呉服屋さんから必要な持ち物リストが配られるので、そちらを見ながら確認していくと安心です。
きもの365では、レンタルをされるとこちらが全てセットされてきます。

  • 帯〆

  • 帯揚

  • 重ね衿〆

  • 長襦袢(半衿付き)

  • 肌襦袢

 
  • 裾除け

  • 補整用ガーゼ(さらし)

  • ウエスト補整

  • 足袋

  • 衿芯

  • 腰ひも

 
  • 帯枕

  • 帯板

  • 伊達〆

  • マジックベルト

  • コーリンベルト

  • 三連ひも

 
  • 草履・バッグ

  • ショール

 

7.3 当日の流れと注意点

成人式当日は、時間に余裕を持って準備を始めましょう。まずはヘアメイクをしてそれから着物を着ます。
また、長時間着物を着用する成人式は、想像以上に体力を使いますので、朝ご飯を食べておくと安心です。以下のタイムスケジュールは一例となりますが、当日をスムーズに進めるための参考にしてください。

時間 活動
6:00 AM 起床、軽い朝食をとる
7:00 AM シャワーを浴び、基礎化粧を行う
8:00 AM 美容院でヘアメイク及び着付け
11:00 AM 美容院を出発、成人式の会場へ向かう
12:00 PM 成人式開式、式典参加
3:00 PM 親族や友人との集まりや撮影会
6:00 PM 自宅に帰る、振袖を脱ぎ、一息つく
7:00 PM お祝いの夕食会
9:00 PM 帰宅
 
 

8. まとめ

成人式の振袖レンタルは、費用、スタイル、トレンドを熟考し選ぶことが重要です。
購入とレンタルのメリット・デメリットを理解し、自分の予算とニーズに合わせた選択を。前撮りのコストも考慮に入れ、後悔のない成人式を迎えましょう。