ゲスト

0800-100-1365

営業時間 10:30〜19:00(日曜除く)

  • 着物を探す

ハレの日のマナー

招待が来たらしたいこと 結婚式のマナー

ご祝儀
あれこれ

書き方から包み方、金額、ご祝儀袋の選び方まで、
大切な人のご結婚ですからマナーをもって、お祝いしましょう。

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋は、包む金額と装飾のバランスを考えて選ぶのがマナーです。結婚式には「一度結んだらほどけない」結び切りの水引きがついたものを使いましょう。蝶結びは「何度でも結び直せる」ことから、結婚式ではやめましょう。

ご祝儀袋の書き方

表書き

ご祝儀袋には毛筆や筆ペンの「濃い黒」を使います。表書きに万年筆やボールペンを用いるのはマナー違反です。また、薄墨の筆ペンはお悔やみの場所で使用されるもののため、必ず「濃い黒」を使いましょう。表書きの水引きの下にフルネームを、名目(「寿」など)よりも少し小さめに記入します。

中袋

表面は、中央に金額を記入します。必ず「金○萬円」と書き、数字は「旧字体」で書くのが正式とされています。裏面には自分の住所と名前を書きます。省略せずに郵便番号と都道府県から正確に書きましょう。

包み方

中袋へお札を入れる時は、肖像画のある方を表にし、肖像画が上にくるようにします。上包みに包む時は、必ず下側の折り返しが手前に来るようにしましょう。結婚式などの慶事は必ず下側が上になるように包みます。

ご祝儀の金額

「分かれ(=別れ)」を連想させる偶数や、4や9などの数字は縁起が悪いとされており、避けるのが一般的です。また、お札は新札を用意するのがマナーです。
新札が用意できない場合には、お札にアイロンをかけてシワを伸ばしましょう。

招待状の
ご返信

出席か欠席のどちらかを丸で囲み、もう一方を定規を使い、二重線を引いて消します。「御出席」「御住所」「御芳名」などの「御(芳)」も、敬称なので二重線で消しましょう。
表面の宛名の「行」も二重線を引き、横に「様」と書き換えるのを忘れずに。空いたスペースには、招待のお礼とお祝いの気持ちを、ひと言添えるのがマナーです。やむを得ず欠席する場合には、その理由も書き添えましょう。

ふく
包み方

結婚式などの慶事には、暖色系の明るい色のものを使用しましょう。紫色は、慶事と弔事どちらにも使えます。包み方は慶事と弔事で折りたたむ方向や順番が異なるため注意しましょう。ご祝儀袋は、表面を上にして袱紗の上にのせ、左⇒上⇒下⇒右の順に折りたたみます。

きもの365の魅力