初釜は振袖、訪問着、色無地のいずれかを着て出席しましょう

こんにちは。きもの365のハマです。

今年もあと数週間で年始を迎える時期となり、
既に多くのご予約をいただいております。
年始は初釜、新年の挨拶廻り、初詣などイベントがたくさんあり
中には一般参賀でお召しになることも。

この時期は初釜に招かれたけれどどんな着物を着れば良いの?と悩んでお電話をいただくことも少なくありません。
一般的に未婚女性は振袖を、既婚女性は訪問着または紋の入った色無地を着用します。
ヘアメイクは控えめに華美にならないよう気をつけましょう。
男性は着物が一番ですが茶道の経験の無い方はスーツでも問題ありません。

初釜の主な持ち物は、懐紙(かいし)、ハンカチ、替え足袋やご祝儀を包む袱紗など。
初めての方は特に、事前に主催者の方に服装や持ち物を伺うとより安心です。

緊張しすぎて楽しめなかった…なんて事にならないよう、
事前準備を万端にしましょう!

 

訪問着 No.AA-2345-S
初釜 着物レンタル

 

シンプルな柄行で落ち着いた雰囲気。
金銀の煌びやかな帯と小花の地紋が入った可愛らしい重ね衿を使用した上品で華やかなコーディネートに仕上げています。

 

 

 

 

 

訪問着 No.AA-2329-L
初釜 着物レンタル

華やかな古典柄。
年を開けるのはめでたいことです。
おめでたい日は華やかな柄行の着物もおすすめ。

初釜着物レンタル
訪問着レンタル
きもの365

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です